FXの基本の基本

FXの初心者が必ず覚えておくべきこととは

>

FXとはどういう意味なの?

準備すべきものの1つ目は口座

まず、必要なもののとしてあげられるのは、口座です。
FX専用の口座が必要となりますので、株式取引の口座をお持ちの方も、もう一つ開設する必要があります。

それでは、FXの口座はどこで開設することができるのでしょうか?
FXの口座は証券会社やFX専門の取引業者で開くことができます。
わからない方は、まず証券会社の窓口に行ってみると良いでしょう。

口座開設のために、マイナンバーが必要だそうなので、自宅で開く際も、証券会社の窓口で開く際も、持参しましょう。

最近では、インターネット上で口座を開設することもできます。
初心者に嬉しい少額から始められる会社もあるそうです。
自宅で開設したくても、よくわからないという方も多いでしょう。
そのような方のために、コールセンターが設置されています。
わからないことがあったら、遠慮なく聞いてみましょう。

もう一つ準備するものは資金

もう一つ必要なものはもちろんお金です。
少額から始められますが、損をする可能性もあるので、そのお金がなくなっても生活やその他のことに支障がないということを確認しましょう。

資金は口座が開設されてから、入金しておくようです。
口座にある資金が少ないと、強制的に決済をされてしまう「強制ロスカット」というものがあるので、気をつけてください。
一般的に、5万円から10万円程度を用意しておくと安心のようです。

口座に入れるべき額がわからないといった場合も、証券会社の窓口やFX専門業者のコールセンターなどに積極的に問い合わせてみましょう。
証券会社やコールセンターのスタッフは、資格保持者なので、詳しいことまで安心して聞くことができます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る